So-net無料ブログ作成
検索選択
美味しい珈琲の為に ブログトップ

珈琲を焙煎する [美味しい珈琲の為に]

エルサルバドル ラ・ホヤ と ブラジル ピーベリーを焙煎した。雨模様の気圧の低い日だったので炒り上がりは少し難有りですかね。天気の良い日の焙煎は失敗が少ないのにね。
image-20170315001740.pngimage-20170315001801.png

珈琲茶碗 [美味しい珈琲の為に]

LINEスタンプに挑戦してみました。珈琲好きがチョット地味に使える物をと、珈琲茶碗をテーマに描いてみました。
http://line.me/S/sticker/1348877
image-20161121191054.png

ブルボンポワントゥ [美味しい珈琲の為に]

2016UCCコーヒー感謝祭でブルボンポワントゥをチャンピオンがステンレスフィルターでのハンドドリップ、コーヒーオイルを含む風味と味わいは最高でした。(UCCコーヒーアカデミーにて)
image-20161001204433.png

アイスコーヒー [美味しい珈琲の為に]

流石に今日は、今年の初アイスコーヒーをタンザニア AAで楽しみました。器はガラス市のアウトレットで購入した松徳硝子のうすはりSHIWAタンブラー。
image-20160513173906.png

ブヌン・ウー [美味しい珈琲の為に]

昨日、パプアニューギニア ブヌン・ウーが届いていたので焙煎しました。3通りに炒り分けてベターな炒り加減を見つけようと思います。
image-20160512160517.png

珈琲を焙煎する [美味しい珈琲の為に]

先ずは焙煎道具から、キッチンスケール・ざる・陶製ミルクパン・攪拌ヘラ・放射温度計。
陶製ミルクパンはチーズフォンデュ用にと買ったものの使っていなかった物
攪拌ヘラは100均の長めの菜箸2膳をステンレスワイヤーで自作。
放射温度計は測定範囲320℃迄測れるタイプ、炒り上がり210℃辺りが大事。

image.jpeg

温めたミルクパンに生豆投入、100℃位から水分が抜け始める
iphone/image-20160403131419.pngiphone/image-20160403131446.png

140℃前後で水分が抜けて後は温度が上がっていって180℃前後で爆ぜ始める。
iphone/image-20160403131525.pngiphone/image-20160403131603.png

210℃を超えた辺りで火を止めて、余熱で色を確かめながら炒り上がり。 生豆125gが、爆ぜて量は増しますが水分が抜けて炒りあがりは100g強。
iphone/image-20160403131618.pngiphone/image-20160403131626.png
美味しい珈琲の為に ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。